読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSK's Basketball Diary

プロバスケットボールコーチを夢見る大学生のブログです。得た貴重な知識の保存用にと始めました。稚拙な文章力と知識ですが、どうぞお付き合いください。

"Learn as if you were to live forever. Live as if you were to die tomorrow."

Tokyo Streetball Classic 2017 を終えて

こんにちは。

今日はTokyo Streetball Classic 2017に参加させて頂いた感想とその他もろもろを書いていきたいと思います。

 

Tokyo Streetball Classic(以下TSC)は

前回の記事(http://yssskbsk.hatenadiary.jp/entry/2017/01/12/180701)

をご参照頂けると幸いです。

 

今回はアシスタントコーチとして4回ほどの事前練習と当日の試合に関わらせていただきました。

とにかく驚きと自分自身のコーチとして、また人間としての小ささを感じました。

驚きというのは、参加してもらったボーラーたちのスキルはもちろん、バスケットボールというスポーツに対してのリスペクトといいますか、愛が凄いものであったということです。加えて、名前は伏せますが、HCを務めてくださった方のコーチとしての姿勢であったり、知識であったりが僕なんかとは比べ物にならないほどのものでした。

 

事前練習といっても、スキルトレーニングとスクリメージのみでした。スキルトレーニングはHCがデザインしてきたもので、NBAなどでもオフシーズンなどに行っているような、実践的なもので、大変面白く僕にとっても為になるものだったのですが、実際に行ってみると、選手たちの反応がまあいいこと。(笑)

驚きました。ほとんどの選手よりだいぶ年下のコーチの言うことを真剣かつ楽しそうなまなざしで聞き、実際にやってもらうと、各々で工夫を凝らしてすごいスピードで吸収していきました。これは今までにはない体験でした。本当にバスケットがうまくなりたい選手と本当にバスケットをうまくさせてあげたいコーチとの間で、およそ一週間程度の即席チームであったにもかかわらず、なにかお互いに「リスペクト」のようなものが生まれていました。

 

スクリメージを行っていても選手は真剣そのもので、簡単にデザインしたルールを決めただけにも関わらず、10分のゲームが終わるたびにインターバルの2分間をすべて使ってほぼ全員の選手がコミュニケーションを図っていました。それは年齢は関係なく、10代の選手も30代の選手も同じでした。ここまで自発的に、しかも即席のチームなのにコミュニケーションを図る選手たちは見たことがなかったです。もちろん、その簡単な決め事というのもただ単純にわかりやすいからという理由で決めたのではなく、HCがわざと選手にそういった自発的なコミュニケーションを促すようなルールを提供していたというのもありました。そういったところにも選手とコーチ両方の「リスペクト」を感じました。僕なんかがアドバイスすることにもしっかりとどの選手も耳を傾けてくれましたし、HCも僕の意見も汲み取っていただいて、そういったところで本当の意味での「チーム」になっていたなぁと感激しました。

 

試合当日も、選手たちは普段はサムシティなどでプレーされているので、対戦相手の大学のプレーヤーのことがわからないので、試合前にHCと僕が中心となって○○はこういう選手で...といった情報を共有しているときも選手たちの方から対策の提案をしてきてくれたりと、そういったところにも抜かりはありませんでした。

試合が始まると選手たちは練習の時以上に真剣な表情で(当たり前ですが)お互いにコミュニケーションをとったり目の前の相手をやっつけるということにむかっていっていました。

当日の会場はというと、1500人ほども観客が入って、照明も暗くムーディな雰囲気ななっていて、MCがコートに入って選手を煽って、さらに試合中にBGMが流れるのですが、それがなんと今年はジャズバンドによるライブ演奏(!!)でした。そんな中でもしっかりとルールを崩すことなく40分間やり通し、観客を沸かすようなプレーも飛び出し、終始お互いに身を寄せてコミュニケーションをとってやることができました。

 

結果は78-63でTeemStreetの勝利。今回の課題の一つでもあったペースコントロールを終始遂行し続けた僕たちが試合を有利に進めたからこその勝利でありました。

HCの選手起用もバッチリはまり、オンザコートでプレイする選手もベンチにいる選手も試合の流れをよく読んで、各々のやるべきことまたやりたいことを発揮できたのではと思います。

しかしまた驚いたのは、試合終了後でした。

試合が終わり、一通り記念撮影等を終えるや否やほとんどの選手たちがボールをもってコートに出てシューティングをし始めたのです!!試合には勝ったものの、個人的に悔しさを感じる選手が多かったようで、お客さんもまだ捌けていない中で各々ドリブルやシューティングを会場のスタッフの方にストップをかけられるまでずっとやっていた姿を見て、ああどこまでもバスケットが好きなんだなぁと思いました。僕もそんな選手たちを指導する立場であるのでもっともっとバスケットを愛して勉強しなくてはいけません。

 

本当に今回はご縁あって参加させていただけたので、そこのところには感謝しきれません。また、僕なんかの意見や考えにも耳を傾けて頂いたHCの方、主催者の方々、参加してもらった選手の方々にも本当に感謝しています。これ以上ない!と言い切れるほどの最高のステージでした!

 

そしてまた日々いろんなゲームを見たりしながら勉強を重ねていきたいと強く思いました。

 

次からは戦術やスキルについて僕の理解の範囲で書いていく予定です。

最後までご閲覧ありがとうございました。

 

TSC 2017に向けて

こんにちは。

 

来週の日曜日(1/21)に開催されるTOKYO STREETBALL CLASSIC 2017に、Team streetのアシスタントコーチとして参加させていただけることになりました。

僕にとっては人に指導する側になるのはおよそ3か月ぶり、しかも相手は自分よりもかなり年齢が上の方ばかりなので今からだいぶ緊張しています。

 

そして今日はゲーム当日、またその事前練習に向けて今回HCをされる方と二度目の会談をしてきました。

具体的にどんなことをやっていくのかを中心に話して、とても有意義な時間でした。

 

今回はDribble Drive Motion(以下DDM)を中心にやっていくということで、戦略、戦術についてはだいぶ自分の中でイメージはついてきたのですが、今回のようなショーケースのゲームは当然ながら経験したことがない為、どのような態度、振る舞いで臨めばいいのか必死に考えている最中です。

 

さて、DDMを使ってやっていくということですが、昨年の映像を見る限り基本的にはIsolationのような1on1が中心の形になっていくと思います。そのような中で自分にとって今回どうやったら貢献することができるのか、しっかりと考えていきたいと思います。

 

まず、DDMやIsolationのメリットとしては、観客が盛り上がるようなシチュエーションで勝負ができる、といった点があると思います。やはり観客からしたら1on1で目の前のディフェンダーをぶち破って得点するというのは見ていて爽快ですし、本人も、チームメイトも盛り上がること間違いなしだと思います。加えて、Somecityの映像等を見る限り、今回集まるメンバーの1on1の技術力は大変高く、なかなか現役の第一線の大学生といっても簡単に止められるものではないと感じました。そういった点では今回のような場合はかなり有効な戦略だと思います。

しかし、DDMやIsolationのデメリットとして、もし1on1で止められてしまった場合に他のモーションオフェンスやスクリーンオフェンスに比べて、ボールの動きが止まってしまう、またディフェンダーとのズレを作ることができなくなってしまうなどして、結果タフショットで終わってしまうといったデメリットが挙げられると思います。

 

そこで今回僕がそこをフォローする為に、オフボールマンが決してボールウォッチャーになっていはいけないといったことを強調していきたいと考えています。昨年の映像を見ると、1on1で決着がつかないまま、フィニッシュへ向かってしまい、あるいはヘルプのディフェンスにつかまってしまって、タフショットになったりブロックショットを受けたりしていたシーンが何度もありました。

DDMは、現ケンタッキー大のJohn Calipariのオフェンスに代表されるように、エントリーの仕方から始まり、ドライブを仕掛けるアタッカーの他の4人のポジショニング、スペーシングが厳格に定められていて、アタッカーからの合わせ方、連動の仕方などもトレーニングをされた上で実行されています。しかし今回のようなショーケースのゲームでは準備期間も数日しかないので、そこまで落とし込むことは不可能です。ですがその数日の間、または試合中にもオフボールマンの4人をボールウォッチャーにさせないように声で気づかせてあげられることくらいはできますし、もう少し余裕があれば簡単に動きの説明などを加えられるかもしれません。結果的にそれがチームの勝利、観客を楽しませられることにつながればいいと思っています。

 

 

今回このイベントに関わらさせて頂けるのも、また人との繋がりあってのことでした。本当に感謝しかありません。せっかく得た貴重なこの機会を無駄なものにしないためにも、またよいイベントにできるようにも、これからそんなに時間はありませんが準備を重ねて精一杯、楽しみながらやっていきたいと思います。

 

 

ご閲覧ありがとうございました。

はじめまして。

はじめまして。

プロバスケットボールコーチを夢見る大学生のSSKと申します。

日々たくさんの方から教わる貴重な知識、また自分が感じた事、勉強した事を忘れないようにと、ブログをはじめてみました。

本当に拙い文章力と知識で、時折偉そうに書いてしまうこともあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。

 

さて、いきなりですが、今回は自己紹介も含め、なぜ僕が若干大学一年生にしてバスケットボールコーチを目指すようになったのかの話をしていきたいと思います。

 

僕は小学校4年生からバスケットボールを始め、どんどんそのスポーツ性の面白さに引き込まれ、僕の中で生活の中心になっていて、中学に進むときもバスケットが強い高校にそのまま行きたいから、といった理由で受験をし、高校では補欠ながら全国大会を経験し刺激を受け、そんなことからぼんやりと将来はバスケットボールにかかわる仕事ができたらいいなぁと考えていました。そして大学に入学する少し前の時期に、大学の部活に学生コーチとして入れさせてもらえることが決まり、「どうせやるんだったらとことんやってみよう」と、バスケットボールのコーチング、またバスケットボールそのものについての勉強をし始めたことが大きなきっかけだったのかもしれません。

 

そうやってバスケットボールの勉強を進めるにつれ、日本でも多数の(しかも思っていたよりも身近な所に)ブログやSNSで情報を発信されているコーチの方がいらっしゃいました。そこで僕は単純にバスケットボールのことをもっと知りたい、どうしたら「いいコーチ」(僕の思う「いいコーチ」とはなにか、についてはまた後日書いていきたいと思います。)になれるのか、トップで活躍されているコーチの方はどうやってコーチになったのか聞いてみたい、といった知的欲求に身を任せ、誠に失礼ながら、いきなりWEB上でメッセージをいきなり飛ばして...なんてことをやっていました。最初は見ず知らずのどこの誰かもわからない自分のことなんて全く相手にされないのだろう...と思っていたのですが、意外にも(?)メールやメッセージ等を返してくださった方が何人かいたのです。それに加えて、偶然が重なったりもして実際にお会いさせていただいて、さらにたくさんのコーチの方に僕のことを紹介して下さって、練習を見学させてもらったりもして...と凄い経験をさせて頂きました。その他にも友人の紹介で色々な高校のチームにも練習を見学させてもらい、沢山の先生とお話しさせて頂く機会にも恵まれました。

こういったことが全て僕のモチベーションになり、ますますバスケットボールが好きになり、また、絶対に「いいコーチ」になりたい、と将来への目標が見えてきたのだと思っています。

 

そんなことが2016年の上半期にあり、そして夏が過ぎて大学のリーグ戦が始まったころに、僕の中でプツっとバスケットボールに対する(正確に言うとバスケットボール部との間で)気持ちが切れてしまうようなことがあり、部活を休部させて頂くといった形になりました。もちろんその一連の事で様々な選択肢があったのですが、自身の葛藤があり、またいろいろ人に相談をさせて頂いて決めたことなので、この選択に関しての後悔などは今のところありません。また、そんな中でも休部させてもらっている間にも連絡を取っていただいているコーチの方がいらっしゃったり、練習の見学を快諾してくださる高校の方もいました。

本当につくづく感謝の気持ちしかありません。

 

これから先のことはまだ特に決まっていませんが、将来「いいコーチ」になって活躍するために、人との繋がりに感謝しながら、日々勉強していきたいと思います。

 

長くなってしまいましたが今回は自己紹介ということで、ここまでにさせて頂きます。次回からはバスケットボールのことについてゆっくりと書いていきたいと考えています。

 

ご閲覧ありがとうございました。