読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSK's Basketball Diary

プロバスケットボールコーチを夢見る大学生のブログです。得た貴重な知識の保存用にと始めました。稚拙な文章力と知識ですが、どうぞお付き合いください。

"Learn as if you were to live forever. Live as if you were to die tomorrow."

はじめまして。

はじめまして。

プロバスケットボールコーチを夢見る大学生のSSKと申します。

日々たくさんの方から教わる貴重な知識、また自分が感じた事、勉強した事を忘れないようにと、ブログをはじめてみました。

本当に拙い文章力と知識で、時折偉そうに書いてしまうこともあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。

 

さて、いきなりですが、今回は自己紹介も含め、なぜ僕が若干大学一年生にしてバスケットボールコーチを目指すようになったのかの話をしていきたいと思います。

 

僕は小学校4年生からバスケットボールを始め、どんどんそのスポーツ性の面白さに引き込まれ、僕の中で生活の中心になっていて、中学に進むときもバスケットが強い高校にそのまま行きたいから、といった理由で受験をし、高校では補欠ながら全国大会を経験し刺激を受け、そんなことからぼんやりと将来はバスケットボールにかかわる仕事ができたらいいなぁと考えていました。そして大学に入学する少し前の時期に、大学の部活に学生コーチとして入れさせてもらえることが決まり、「どうせやるんだったらとことんやってみよう」と、バスケットボールのコーチング、またバスケットボールそのものについての勉強をし始めたことが大きなきっかけだったのかもしれません。

 

そうやってバスケットボールの勉強を進めるにつれ、日本でも多数の(しかも思っていたよりも身近な所に)ブログやSNSで情報を発信されているコーチの方がいらっしゃいました。そこで僕は単純にバスケットボールのことをもっと知りたい、どうしたら「いいコーチ」(僕の思う「いいコーチ」とはなにか、についてはまた後日書いていきたいと思います。)になれるのか、トップで活躍されているコーチの方はどうやってコーチになったのか聞いてみたい、といった知的欲求に身を任せ、誠に失礼ながら、いきなりWEB上でメッセージをいきなり飛ばして...なんてことをやっていました。最初は見ず知らずのどこの誰かもわからない自分のことなんて全く相手にされないのだろう...と思っていたのですが、意外にも(?)メールやメッセージ等を返してくださった方が何人かいたのです。それに加えて、偶然が重なったりもして実際にお会いさせていただいて、さらにたくさんのコーチの方に僕のことを紹介して下さって、練習を見学させてもらったりもして...と凄い経験をさせて頂きました。その他にも友人の紹介で色々な高校のチームにも練習を見学させてもらい、沢山の先生とお話しさせて頂く機会にも恵まれました。

こういったことが全て僕のモチベーションになり、ますますバスケットボールが好きになり、また、絶対に「いいコーチ」になりたい、と将来への目標が見えてきたのだと思っています。

 

そんなことが2016年の上半期にあり、そして夏が過ぎて大学のリーグ戦が始まったころに、僕の中でプツっとバスケットボールに対する(正確に言うとバスケットボール部との間で)気持ちが切れてしまうようなことがあり、部活を休部させて頂くといった形になりました。もちろんその一連の事で様々な選択肢があったのですが、自身の葛藤があり、またいろいろ人に相談をさせて頂いて決めたことなので、この選択に関しての後悔などは今のところありません。また、そんな中でも休部させてもらっている間にも連絡を取っていただいているコーチの方がいらっしゃったり、練習の見学を快諾してくださる高校の方もいました。

本当につくづく感謝の気持ちしかありません。

 

これから先のことはまだ特に決まっていませんが、将来「いいコーチ」になって活躍するために、人との繋がりに感謝しながら、日々勉強していきたいと思います。

 

長くなってしまいましたが今回は自己紹介ということで、ここまでにさせて頂きます。次回からはバスケットボールのことについてゆっくりと書いていきたいと考えています。

 

ご閲覧ありがとうございました。